肩こりのケア方法

あ~そこ揉んで~といいたくなる、肩こりしやすいポイントがあると思うんですけど、

 

そこを揉んでいて楽になるかといえば、

 

その時はいいけどすぐ元に戻る

 

ってことないですか??

 

 

肩こりも色々な原因が引き金になるので、まずは原因を絞ることが大切ですが、

 

今日は姿勢の歪みからくる肩こりで、ケアした方がいいポイントを紹介します♪

 

肩こりの姿勢

 

肩が凝りやすい人で多いのが、

 

肩が内向きに入っている人

nekoze-e1459340449527

う~ん・・・

よく街中で見ることの多い姿勢ですね!

 

 

この姿勢は肩甲骨が歪みやすくて、外に開くようになっています。

d0154281_2114836

この姿勢になると、背中周りの筋肉が弱くなって、肩の筋肉に負担がかかります。

 

そうすると肩が凝ってきて、

yjimage

 

肩をマッサージするととっても気持ちいいんですけど、
局所だけじゃなくて、こんなポイントも大切です。

 

その必要なポイントがここです。

 

kin-05

 

 

なんで肩こりなのに胸の上なの??って感じですが、

 

ここにある筋肉は、『小胸筋』と言われる、あんまり聞きなれない筋肉ですが

胸にある筋肉に見えて、実は肩甲骨についてる筋肉なんです(‘Д’)

 

これが硬くなることで、肩甲骨が歪んでしまって、肩こり症状を引き起こす方がいます。

 

人によっては押すと痛いと言われる方が多いですが、中には気持ちよく感じる方もいます。

 

でも、たいていの人が痛いと思います( ゚Д゚)

 

stretch_071-205x300

自分でやる場合は、このイラストのようにストレッチしたり、さらに小胸筋の部分を手で押さえながら伸ばすのもいいですね♪

 

デスクワークも運動と同じ

 

肩や首に負担のかかりやすいデスクワークや姿勢では、その作業中に体には負担がかかっています。

 

チリも積もれば山となる用に、ほっとくと姿勢が歪んで痛みが悪化していく可能性があるんで、

 

運動した後にストレッチをするように、お仕事後にもカラダのケアは大切ですね♪

 

あと、肩こりがある人は、

 

肩甲骨周りの筋肉が弱くなってたり、背骨の動きが硬くなってる人も多いので、
ほぐすだけの治療をするより、運動を入れたほうが効果的です♪

 

運動療法に関しては、セルフでやるより体の詳しい専門家に相談するのがおススメです!

 

意外に正しいと思ってやっていた運動が、力が入るポイントを間違えていて、マイナスのトレーニングになっていることがよくあるんですよね(@_@)

 

正しくケアをして、メンテナンスをしながら、快適なカラダを作りましょう~(^-^)♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術で本質的な改善を目指す鍼灸整骨院

出雲市平田町 整体/整骨院/鍼灸/スポーツの痛み 竹﨑鍼灸整骨院

IMG_0032_mini

—————————————————————————————
・スポーツによる体の痛み
・ケガ、ケガの後から続く不調
・肩・腰・膝の痛み
・成長痛
—————————————————————————————

痛みの原因を追究し、その場しのぎではない本質的な改善を目指します!!

やりたいことが思いっきりできる!

楽しい毎日が送れるように全力サポート!!

お悩みのことが有れば、お気軽にご相談ください(*^-^*)

↓↓施術依頼・ご予約・当院に関する詳しい情報はコチラ↓↓

竹﨑鍼灸整骨院ホームページ

フェイスブックも更新中 いいね!お願いします♪