スポーツによる痛みのケアと

再発予防の専門治療院

竹崎鍼灸整骨院

 

今日1/9は別れの日でした。

 

生まれてから32歳になるまであった
【変な位置に生えてしまった歯】
を抜いてお別れしたんです。。

 

特に痛みはなかったし
目立つ場所でもないから
歯並びという面でも
気にしてなかったけど

 

☑奥に向かって生えてるから
舌が当たるのが気になる

☑時々舌が自分の歯に当たって
痛めることがある

 

そんな理由で歯を抜くことにしました。

 

その問題の歯はこれです。

ね、下の正面の変なとこに
生えてるでしょ??

 

さっき話した理由が抜くきっかけ
になったんだけど
実は自分の中でもう一つ気にしてる
ことがあってそれの改善もできないかな?
ということで抜歯をしたんです。

 

もう一つ気なることというのは
【喉の不調】

 

僕は扁桃腺持ちだから
前は1年に1回は扁桃腺が腫れて
熱が出てたけど

 

ここ近年は咽頭(のど)の風邪を
引いてしまうことが多くていつも
声が出なくなる症状が出るように
なったんです。

 

この症状が歯を抜くこと
良くなるんじゃないか!?
と、密かに期待してます。

 

それはなぜかというと
普通の人は舌で下の歯の裏が
触れると思うんだけど、僕の
この変な歯は奥に向かって
生えてるからその歯に舌の先が
当たって舌が前に出せないんです。

 

そうなると舌は普通の位置より
奥に引っ込んでしまうから
それで気道が狭くなって
喉に不調が起きやすいん
じゃないかな??と思ったんです。

 

これは僕の妄想ですからね(笑)

 

でも昨年、東京へセミナーを受けに
行ったときにトップアスリートの
歯の矯正をする歯科医師の先生が
おられたので、相談してみると

 

『その影響もあるかもしれない』
と言われたので、まんざら素人の
僕の妄想は間違ってないのかも
しれません(笑)

 

まあ本当に良くなるかどうかは
わからんけどこれが良くなれば
御の字です。

 

でもその先生に一つ言われたのが

 

『歯並びに影響してないから
抜いても問題ないけど、僕なら左の
歯の噛み合わせを良くするように
左の上に少しあて物をして調整するかな』
と意見を頂きました。

 

これがまたですね、
抜いてみるとその理由がすごく
よくわかったんです。(‘Д’)!!

 

僕の場合は噛むと右の犬歯の裏に
下の歯がしっかり当たるんですけど
左の犬歯の裏への当たりが少ないんです。

 

この犬歯は噛み合わせたときに
下の歯と接触する大切な部分で
顎の関節の位置感覚や動きにも
影響を与える大事なとこなんです

 

顎関節や歯の状態はほとんど無意識な
とこだけど、そんな無意識なとこだから
こそとても大切なんですよ~。

 

例えばこの歯のかみ合わせが悪いと
日常生活で起きる肩コリのような
不調の原因になったり
スポーツパフォーマンスにも
影響がでるなんてこともあります。

 

僕も日々診療してると
体の不調で何をしてもよくならんとか
原因がわからんときには
歯並びをチェックしたりします。

 

すると実は歯や顎の関節に
問題があるなんてことは
少ないことではありません。

 

歯に問題がある時には
何回マッサージを受けても
どんな運動をしても
本当の原因が歯なら歯医者さんに
不調の原因を治してもらう
必要があります。

 

【本当の原因にアプローチする】

 

これが本当に悩みを解決する
糸口です。

 

痛みに悩んでいるあなたの
本当の原因はどこにあるのでしょうか??

 

当院はしっかり検査をして本質的な
解決を目指して治療させて頂きます。

 

お困りでしたらお気軽にご相談ください。

 

ちなみに歯を抜いてから
気のせいなのか咳が出ることも
減ってなによりあの邪魔な歯が
ないことですこぶる快適です(^^)

ちなみに僕の顎は口を開けたときに
下顎が左にズレてます(笑)

 

最後にアホ面で失礼しました(笑)

 

最後までお読み頂き
ありがとうございました(=゚ω゚)ノ

 

☑ケガをしてしまった

☑スポーツの痛みで困っている

☑繰り返す痛みを根本的に治療したい

ご予約・お問い合わせはコチラdown

こちら0853-63-3858

メール専用

こちらお問い合わせフォーム