スポーツによる痛みのケアと

再発予防の専門治療院

竹崎鍼灸整骨院

 

天気もすっかり春らしく
なってきましたね♪

今日はお昼の間にタイヤ交換を
やる予定です(=゚ω゚)ノ

 

 

春になると夏に向けて運動量が
増えてくる季節。

 

スポーツの
大会も増えてきます。

そんなこともあって当院でも
スポーツの痛みにお悩みの相談が
増えてきました。

 

先日は遠方から野球部に所属する
高校生が繰り返す肘の痛み

来院しました。


整形外科では靭帯と骨を
痛めてると
言われ、安静指示。

練習を休みたくなかったけど
治すためなら・・・と安静に
過ごして、
痛みが緩和したから
投げてみると

 

 

 

また再発<m(__)m>

 

 

 

せっかく安静にしたのに・・・

 

 

本人もかなり落ち込んでました。。。

 

 

そこでなぜ痛みを繰り返すのか??

根本的なとこを修正したいという
方針で
治療することになりました。

 

まずは体をチェックすると
過去に体操をしてたこともあって
柔軟性はバッチリ。

 

 

よく投球は背骨や肋骨、
股関節の動きが硬いと障害を
起こしやすいけど、そこに
問題はなさそうです。

 

次に投球フォームを
チェック
すると体が大きく
傾いてることに
気づきました。

上半身の重心がこれだけ傾くと
重心位置から右肘が遠くに離れてしま
うので
肘に大きくストレスがかかる
1つの原因になります。

 

そこでまずは体幹の調整を
することにしました。

 

彼の場合は関節は硬くない。

 

投球する時に体幹周りの
何か所か力が抜けてる状態

なっていることが
問題になってました。

 

専門的には抑制がかかっている
なんて言いますが、詳しく話すと
難しくなるのでパスしますね(=゚ω゚)ノ

 

ようは力をいれたくても
力が入らない状態に
なってるので
そこを修正する治療を行いました。

 

すると治療後は投球時の
体幹の傾きは以前より修正されました。

おそらくこれが本来の彼の
フォームなんじゃないかと
思います。

 

ではなぜ体に力が入らない
ことが起きてしまうかというと

 

オーバーワークによる体への負担の蓄積

 

過去のケガをしっかり治してない


こんなことが原因になって

引き起こされてしまいます。

 

治療はこれだけで終わりじゃない
けど、これからも再発しないために
サポートしていきます。

 

僕は投球フォームのスキル
面を変えたり伝えたりする
ことは
できません。

 

スキル面は監督さんや
現場の指導者の先生がプロです。

 

僕が出来るのは体を
本来の姿に戻す
サポート(‘ω’)ノ

 

繰り返す痛みでお困りの方は
体に何か問題が潜んでる
可能性があります。

 

温かくなって夏の本番に痛みを
引きずらないためにも

早めに計画的に治療して
いきましょう( ^^) _

 

 

最後までお読み頂き
ありがとうございました(^^)

 

 

☑ケガをしてしまった

☑スポーツの痛みで困っている

☑繰り返す痛みを根本的に治療したい

ご予約・お問い合わせはコチラdown

こちら0853-63-3858

メール専用

こちらお問い合わせフォーム

 

家竹﨑鍼灸整骨院HP

Facebookフェイスブックページ