こんばんわ。

先日はCSPT2015のコーディネートセミナーに参加してきました。

共に学ばせて頂いた先生方には感謝いたします。

参加されている先生方は理学療法の先生が多く、質問を聞いていても、とてもレベルが高いと感じました。

内容は投球における障害

『野球型』や『野球肘』がなぜ起きるのか?

ということを科学的に解明し、

ではどのようにリハビリをしていくのかということを医学的根拠に基づいて解決していくという流れでした。

 

医学的根拠があると、治療方法や評価など根拠があるので納得できます。

そして見えなかったところや、たぶんこうなんだろうな~と感じていたことがクリアになります。

 

とても良い学びになりました。

 

最近セミナーに参加して思うことは、

 

必ずこの方法や考え方で100%良くなる!!

 

ということは無いということです。

(あるのかもしれませんが僕は未熟なのでまだそのような方法は知りません)

 

そして、セミナーを受けていても

『それでもこれで治らない方もいます。』

とお話される先生が『本物だな~』と感じます。

 

 

自分のやり方で解決できなければ、その他の方法で治療する。

 

『引き出し』が大切ですね。

 

知らないと、何もできないから。

 

分からないことをほおっておかない

 

わからないことはわかる人に聞く。

 

当たり前のことを当たり前にできるように、

 

未熟者なので頑張ります(>_<)!!