先日久しぶりの釣りで腱鞘炎の前兆を感じました。

そのお話から腱鞘炎を紐解きます。

 

釣りの中でもルアーフィッシングというのは、浮きが沈むのを待つ釣りでじゃなくて

投げては巻いて投げては巻いてを繰り返す攻めの釣りです。

 

あ、これは釣りの話じゃなくて治療の話ですからね(笑)

 

すると3時間過ぎたあたりで

『ビシっ』

っと手首の親指の付け根辺りに痛みを感じました。

 

今までも釣りで何回か体験していますが、これは腱鞘炎の前兆だと思います。

ここからまた負荷をかけて繰り返すと悪化してしまうと思いますが、

こんな時に僕がいつもやる対処法を紹介します。

なぜ手首の付け根の腱鞘炎になるのか 考察

使い過ぎでなると言われますが果たして本当にそうなのでしょうか?

ここはいつも疑問に感じるところです。

患者さんに聞いてもそんなに使ってないと言われることがよくあります。

ここでは昨日の僕の痛みが出た状況を原因として紹介します。

834002735

腱鞘炎は上記の部分に痛みが出ます。

下の図のように、スジを伸ばすと痛みが出ますが、

竿を持っている時は下の図のような手首のポジションになります。

これはつまり

筋が伸ばされるている状態での負荷がかかり続けると

負担が重なり痛みになります。

ちなみにこの状態は専門用語ではエキセントリック(遠心性収縮)と言われる状態で筋肉に最も

負担がかかる状態だと言われます。

じゃあこんな時にどんな対処をしたらいいのでしょうか?

腱鞘炎への対処法

834002735

伸ばされて痛みが出るなら、縮ませる!

 

IMG_2298IMG_2299

手首の付け根を親指側から起こすようにして痛くない程度に力を入れて15秒程キープしてください。

 

※このやり方は痛みを感じた初期にやってください

※慢性的に痛い方や、痛みが強い人は専門家の支持の元行ってください。

 

僕は痛みの初期でしたのでとても効果がありました。

 

先日はこれで痛み無くまた元通り釣りが出来ました。

 

慢性化すると治りにくいので、早めに対処してもらうと悪化を防げるかもしれません!

もし違和感や痛みを感じたら早めにやってみてください♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術で本質的な改善を目指す鍼灸整骨院

出雲市平田町 竹﨑鍼灸整骨院

IMG_0032_mini

—————————————————————————————
・スポーツによる体の痛み
・ケガ、ケガの後から続く不調
・肩・腰・膝の痛み
・成長痛
—————————————————————————————

痛みの原因を追究し、その場しのぎではない本質的な改善を目指します!!

やりたいことが思いっきりできる!

楽しい毎日が送れるように全力サポート!!

お悩みのことが有れば、どうぞお気軽にご相談ください(*^-^*)

↓↓施術依頼・ご予約・当院に関する詳しい情報はコチラ↓↓

竹﨑鍼灸整骨院ホームページ

フェイスブックも更新中 いいね!お願いします♪