捻挫によるトラブル・・・

先週も総体前に捻挫をしてしまったり、過去に捻挫をして

治療をしていなかったために、色々なトラブルになっている患者さんを見ました。

 

今日は捻挫をしっかり治さないと、

『こんな事になるんだ(;´Д`)』

というお話をします。

捻挫をすると・・・

捻挫をすると、足首の靭帯を痛めます。

700534

赤い色の切れている部分が靭帯です。

 

まずそもそも、靭帯ってなに?

 

って話なので、筋肉との違いも入れて簡単に説明すると、

☑筋肉は関節を動かすもの

☑靭帯は関節が動きすぎないように止めるもの

です。

 

つまり、動きすぎると、関節が抜けたりズレたりしちゃうのを

止めてくれるストッパー役です。

3946850

これが伸びたり切れたりすると、

関節は止まれないので、動きすぎてグラグラになります。

12002316_544257199059165_139003391355097870_n

あと、少し専門的になりますが、靭帯には固有感覚受容器といって、

今関節がどんな状態で動いてるかを伝えるセンサーがたくさんついています。

捻挫をすると、このセンサーが鈍くなります<m(__)m>。

 

なので、捻挫を繰り返している人は片足立ちなど

不安定な格好をさせると、センサーが鈍ってコントロールしきれず

足元がグラグラします。

 

ひどいときは、学生でも片足立ちがキープできない人もいます。

 

捻挫をして治療をないとどうなる??

ざっくり説明してきましたが、まとまめると以下のようなサイクルになります。

 

  1. 靭帯やその周りの組織が捻挫して伸ばされる
  2. そのまま伸びた状態で治っていく
  3. もとの長さより伸びる
  4. 伸びてるから関節を止めれず不安定になり、グラグラになる
  5. グラグラの足で運動をする
  6. 足の支えが弱いから、他の場所でかばって支える
  7. 他に痛みが出る

 

というサイクルをたどってしまうリスクがあります。

なので、捻挫は意外に怖いんです。

 

『骨折じゃなくて、な~んだ捻挫か~』

じゃなくて、しっかり治療しましょう<m(__)m>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術で本質的な改善を目指す鍼灸整骨院

出雲市平田町 整体/整骨院/鍼灸/スポーツの痛み 竹﨑鍼灸整骨院

IMG_0032_mini

—————————————————————————————
・スポーツによる体の痛み
・ケガ、ケガの後から続く不調
・肩・腰・膝の痛み
・成長痛
—————————————————————————————

痛みの原因を追究し、その場しのぎではない本質的な改善を目指します!!

やりたいことが思いっきりできる!

楽しい毎日が送れるように全力サポート!!

お悩みのことが有れば、お気軽にご相談ください(*^-^*)

↓↓施術依頼・ご予約・当院に関する詳しい情報はコチラ↓↓

竹﨑鍼灸整骨院ホームページ

フェイスブックも更新中 いいね!お願いします♪