野球の投球による肘痛

 

野球の投球動作での肘痛で来院されました。

肘痛は野球をしてる人だと、子供から大人まで誰でも痛みが出る可能性があります。

 

単に投球数が多くなりすぎて、痛みが出ることも有りますが

そうでない場合は

休んで痛みが落ち着いても、また投げると痛みを繰り返します。

 

肘痛の方にお話を聞くと、

『小学生の頃から時々痛い事がありました。』

『高校の時は、痛くてもなんとかごまかしながらやっていました。』

という声を聞くことも少なくはありません。

 

そんな痛みを繰り返しやすい肘痛ですが、解決するためにはどこを治していくといいのでしょうか??

 

肘痛を解決するポイント『肘下がり』

 

肘の痛みやフォームを指摘されたことがある方で、

『肘が下がってるから肘を上げろ』

と指導を受けたことはありませんか?

 

この肘下がりも、投球の肘痛では大切なポイントになります。

こんな指導を受けた方で、

『肘を上げろ』と言われて、果たして投球で肘は上がるでしょうか?

 

おそらく違和感だらけで、投げにくいですよね(^-^;

本来、投球の時の肘は、意識してあげるものでは無くて、自然な投球フォームをした時に勝手に上がっているのが理想です。

 

先程の話では、意識して肘を上げるので、『今までの自分の投球フォームを修正する』ことになり、投げにくくなります。

 

明らかに投球フォームが悪い場合は修正も必要かもしれませんが、そこは監督さんの判断にお任せするとして、

 

肘痛の治療では

今の投球フォームをする上で、体の使えていない部分や、身体の使い方のクセを

整えることで、自然に投げても負担がかからない投球ができることを目指します。

施術前のビフォー

彼の場合は投球による肘痛は肘下がりの要素もありましたが、

投げる時に体の軸が崩れて、左側に流れてしまっていて、重心位置とボールの位置が遠くなることで肘に負担がかかっていました。

image1

 

施術後のアフター

体の軸が中心に整って、流れていないことが確認できます。

image2

 

このような治療はすぐに痛みが取れる治療ではありませんが、負担のかからない投球ができるようになることで、肘が回復する環境が整い治る方向へ進みます。

 

繰り返す痛みでお困りの方は原因に対する治療が必要です。

 

お困りの方は一度ご相談ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術で本質的な改善を目指す鍼灸整骨院

出雲市平田町 整体/整骨院/鍼灸/スポーツの痛み 竹﨑鍼灸整骨院

IMG_0032_mini

—————————————————————————————
・スポーツによる体の痛み
・ケガ、ケガの後から続く不調
・肩・腰・膝の痛み
・成長痛
—————————————————————————————

痛みの原因を追究し、その場しのぎではない本質的な改善を目指します!!

やりたいことが思いっきりできる!

楽しい毎日が送れるように全力サポート!!

お悩みのことが有れば、お気軽にご相談ください(*^-^*)

↓↓施術依頼・ご予約・当院に関する詳しい情報はコチラ↓↓

竹﨑鍼灸整骨院ホームページ

フェイスブックも更新中 いいね!お願いします♪