足首をサポーターで固めると、捻挫しやすくなる??

今日は足首のサポーターをすると、返って捻挫のリスクが高まるという話です。

d5281b2c78e8bba99e1464118622847a-m

『え??』

『捻挫の予防のためにするサポーターなのになんで??』

ってマツコさんでも驚きそうな話ですよね(笑)

 

サポーターの予防効果に関しては、イマイチ疑問に感じている部分もあったので、個人的見解も入りますが、ちょっとここんところをわかりやすくお話ししたいと思います。

足首の動き

足首の動きは主に4方向あります。

 

【挙げる&伸ばす】

sports3-03

これは足首の関節が行います。

 

【内反&外反】

pfines135145305

これは足の裏を内・外に向ける動きで、足首の下の関節が行います。

捻挫をすると・・・

捻挫は通常【伸ばす&内に捻る】でなるって言われます。

c0216514_1057459

 

他人との接触でなるケースはしょうがないこともありますけど、自分でやってしまう場合、特に繰り返していると足に問題があります。

 

捻挫を繰り返している人ほど、足首がグラグラなことが多いんですが、

 

グラグラってことは

安定感がなくて、支えている筋肉が弱くなっている可能性がとっても高いです。

あと、意外に多いのが、硬くなっているケースもよく見ます。

 

足首の安定性に必要なのは、可動性+安定性+筋力です。

 

捻挫をすると、足首の靭帯にある安定させるセンサーが鈍るので、安定性が失われて、不安定な状態を続けると

足首を支えている筋力も低下します。

するとグラグラで、捻挫をする事が怖くなる為に、再発防止でサポーターをします。

でも、

サポーターで動きを制限すると、足首は固まります。

 

3220d39b6dcc2a579e702f42c6648e6b

ん??これっていいの??

 

じゃないです??

 

足首が固まるって事は、本来する動きができなくなるってことなので、
いつもの動きがしたいのに、それが動かんことによって、他の部分がこの動きをカバーして違うとこを痛めちゃったり、
それ以上動かんから、動く必要がある時に動けないから、これも足首の捻挫のリスクが高まりますよね( ゚Д゚)

 

なので、捻挫をした時や繰り返しているケースは、

まずは安定性+筋力の獲得をして➡関節を安定させてから➡可動性が十分とれるようにしていくと理想かなと思います。

 

繰り返す捻挫や、足首の不安定感で困っている方って意外に多いので当院でもよくご相談頂きます。

まずは、足首の安定感や、筋力、可動性をチェックしてみてはいかがでしょうか??

 

お困りの方はお気軽にどうぞ~♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの体に合わせたオーダーメイドの施術で本質的な改善を目指す鍼灸整骨院

出雲市平田町 整体/整骨院/鍼灸/スポーツの痛み 竹﨑鍼灸整骨院

IMG_0032_mini

—————————————————————————————
・スポーツによる体の痛み
・ケガ、ケガの後から続く不調
・肩・腰・膝の痛み
・成長痛
—————————————————————————————

痛みの原因を追究し、その場しのぎではない本質的な改善を目指します!!

やりたいことが思いっきりできる!

楽しい毎日が送れるように全力サポート!!

お悩みのことが有れば、お気軽にご相談ください(*^-^*)

↓↓施術依頼・ご予約・当院に関する詳しい情報はコチラ↓↓

竹﨑鍼灸整骨院ホームページ

フェイスブックも更新中 いいね!お願いします♪