歯ぎしりと肩こり・腰痛の意外な関係とは?原因と対策を解説

2024年06月11日

多くの人々が日常的に経験する肩こりや腰痛、これらの不快な症状はしばしば私たちの生活習慣や姿勢の問題と結びつけられますが、実はもっと意外な原因が隠れているかもしれません。夜な夜な無意識のうちに繰り返される歯ぎしりや食いしばりが、これらの一見無関係と思われる痛みにどう影響しているのでしょうか?

この疑問に答える前に、以前の記事で取り上げた顎関節症の基本情報をおさらいすることから始めましょう。

顎関節症は、顎の動きに関わる筋肉や関節に問題が生じることで、痛みや機能障害を引き起こす病状です。

この病状がどのように全身のバランスや他の痛みに影響を及ぼすのか、詳しくは前回の記事で触れています。

顎関節症について

今回の記事では、具体的に歯ぎしりや食いしばりが肩こりや腰痛にどのように影響するか、その科学的根拠とともに解説していきます。

対策と治療法として最後に鍼灸とその効果についても触れてますので、最後までご覧ください。

歯ぎしり、またはブラキシズムとは

無意識のうちに歯を強くこすり合わせたり、食いしばったりする行為を指します。

これは睡眠中だけでなく、日中にも発生することがありますが、多くの人は自分が歯ぎしりをしていることに気づいていない場合が多いです。

食いしばりイラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

歯ぎしりの主な原因

ストレスと不安

日々の生活で感じるストレスや不安は、私たちの身体に様々な影響を与えます。特に、精神的な緊張やプレッシャーが高まると、人々はしばしばそのストレスを無意識のうちに身体的な行動で表現します。

その一つが歯ぎしりです。つまり、難しい問題やプレッシャーを感じるとき、私たちの体はそれを解消しようとして、夜間に無意識に歯を強くこすり合わせることがあります。

睡眠障害

良い睡眠は健康のために非常に重要ですが、睡眠時無呼吸症のような睡眠障害を抱えている人は、夜間に呼吸が不規則になることがあります。

これが原因で、顎の筋肉が無意識のうちに緊張し、歯ぎしりを引き起こすことがあります。

このように、睡眠中に体が正常なリズムを保てないと、さまざまな不調が現れることがあります。

咬合の問題

歯並びが悪い、または上下の歯がうまくかみ合わないと、顎に余分なストレスがかかります。このような咬合の問題は、顎の位置を正常に保つために余分な力が必要となり、その結果、歯ぎしりを引き起こすことがあります。

生活習慣と薬物使用

私たちの日常の選択、例えばカフェインやアルコールの摂取も、歯ぎしりに影響を与えることがあります。

これらの物質は中枢神経系を刺激し、体が休息する夜間にも筋肉が活発に動くことを促します。

また、一部の薬剤、特に精神刺激薬や抗うつ薬も同様の効果があるため、使用している人は歯ぎしりを経験しやすくなることがあります。

歯ぎしりや食いしばりが肩こりや腰痛を慢性化させる関連性

1. 筋肉の連鎖反応

歯ぎしりや食いしばりは、顎の筋肉に過剰な力をかけます。

顎は首や肩と筋肉や筋膜(筋肉を覆う薄い膜)を介して密接に繋がっています。

顎の筋肉が過剰に働くと、その緊張が首や肩に伝わり、さらには背中や腰にも影響を与える可能性があります。

このようにして、一部の筋肉の過剰な緊張が全体の筋肉バランスを乱し、肩こりや腰痛を引き起こすことがあります。

2. 姿勢の変化

顎の位置が不自然に変わると(例えば、食いしばりによって)、それが首の位置にも影響を及ぼします。

首の位置が変わると、全体の姿勢を保つために背中や腰の筋肉が無理な力を受けることになります。

これが長期にわたると、筋肉の疲労や痛みが慢性化し、肩こりや腰痛が常態化することがあります。

3. 神経系への影響

顎の筋肉の過剰な活動は、周辺の神経にも影響を及ぼすことがあります。

これにより、痛みや不快感が直接的には関係ないように思える肩や腰にも伝わることがあります。

神経は非常に繊細で、小さな刺激でも長期間にわたる影響を受けることがあるため、歯ぎしりや食いしばりが原因で肩こりや腰痛が起こることがあります。

対策と治療法

歯ぎしりを抑えるための治療法

  • マウスピースの使用: 歯ぎしりを抑制するために、就寝時にマウスピースを使用することが一般的です。このマウスピースは歯を保護し、顎の筋肉にかかる圧力を減少させることで、顎周辺の緊張を和らげます。
  • ストレス管理法: ストレスは歯ぎしりの大きな原因です。瞑想、ヨガ、軽い運動などのリラクゼーション技法を取り入れることで、心の緊張を緩和し、歯ぎしりの頻度を減らすことができます。

肩こりや腰痛を軽減するための具体的な方法

  • ストレッチ: 肩や腰周辺の筋肉を定期的にストレッチすることで、筋肉の緊張を和らげ、痛みを軽減することができます。
  • 適切な姿勢: 日常生活での姿勢を意識することが重要です。特に長時間同じ姿勢でいる場合には、適時姿勢を正すことで筋肉への負担を軽減します。

鍼灸施術法と期待できる効果

鍼灸では、特定の「経穴」と呼ばれるポイントに鍼を施します。この治療が筋肉の緊張を和らげ、リラクゼーションを促進することで、歯ぎしりや食いしばりによる不快感を軽減します。さらに、鍼治療は神経系にも働きかけ、痛みの感じ方を減少させる効果があります。

特に注目するポイントは、「肩甲骨の内側にあるツボ」「仙骨にあるツボ」です。

歯ぎしりやくいしばりの治療法として顎まわりや関連している首の緊張に対して直接鍼施術をする方法もありますが、肩甲骨や仙骨にある緊張がほぐれないことには、根本的な解決になりません。

これらのツボに鍼をすることで、肩こりや腰痛も緩和して、結果的に顎周りの緊張が取れていきます。

肩甲骨イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

 

仙骨」の写真素材 | 18,339件の無料イラスト画像 | Adobe Stock

臨床研究と事例

多くの臨床研究が鍼灸の効果を支持しています。

これらの研究によると、鍼灸は筋肉痛や慢性痛の管理に非常に効果的であり、特に慢性的な肩こりや腰痛を抱える人々の痛みを軽減し、生活の質を向上させることが示されています。

このように鍼灸は、身体的な痛みの軽減だけでなく、精神的なリラクゼーションも促進するため、日々のストレスや緊張が原因で発生する歯ぎしりや食いしばりに苦しむ人々にとって、有効な治療選択肢となるでしょう。

肩こりや腰痛が慢性化している方
無意識に食いしばってる方
就寝時に家族に歯ぎしりを指摘された方
顎関節症で治療中の方
いろいろと対策してきたけどあまり効果がなった方は
当院にご相談ください。

◆当院へのご予約方法◆

電話・web予約・LINE

からご予約調整できますが

LINEから友達登録して頂きチャットでご予約して頂くと
一番スムーズに対応できますのでおススメです。

友だち追加