スポーツ障害

スポーツ障害 イラスト

  • 痛くて満足にプレーができない!
  • 試合前にケガしてしまい、何とかして間に合わせたい!
  • 野球のし過ぎで肘を痛めてしまった
  • 何度も捻挫を繰り返してしまう
  • 身体の状態をよくしてパフォーマンスアップしたい

どうしてスポーツ障害が起こるの?

スポーツ障害は、野球肩・野球肘・テニス肘・鼠径部痛・オスグッドシュラッター病・ジャンパー膝・腸脛靭帯炎・シンスプリント・有痛性外脛骨・シーバー病・足底腱膜炎など、スポーツ活動をする上で身体に小さなストレスが積み重なり、少しずつ症状が出てくる痛みのことを言います。

多くのスポーツ選手は、【痛いけれど運動はできる】状態だけれど、【痛みのせいで満足にプレーできない】という風に悩まれています。

スポーツ障害が起こる理由は使いすぎ?

一般的に、スポーツ障害はオーバーユースで発症すると言われていますが、それだけではありません。

  • 過去の捻挫や肉離れなどのケガによる影響
  • 成長期による筋肉の緊張
  • 身体の動かし方
  • 運動時の姿勢

上記のようなことが原因となっている場合もあります。

悪い身体の使い方をしたままスポーツするとどうなるの?

姿勢が悪かったり、関節の動きが悪かったりすると、運動時に自然と動きにくい個所をかばってしまいます。

すると、身体にとって間違った動かし方になって負担がどんどん積み重なってしまい、痛みの悪循環に陥ります。

特に、過去のケガを正しくケアしリハビリをしないと、関節が固くなって動きが悪くなり、身体の使い方がケガする前と変わってしまうため、蓄積したストレスが溜まりやすくなり、ケガを繰り返してしまいます。

出雲 竹﨑鍼灸整骨院のスポーツ障害施術

カウンセリング

痛みの悪循環に陥ると、どこに原因があるのかを見極めることがとても重要です。過去にしたケガや、スポーツの活動時間など、細かくお話をお聞きして原因を探します。

また、大会や試合の予定の有無もお伺いし、できるだけ間に合うよう早期回復を目指します。

検査

出雲にある竹﨑鍼灸整骨院では、運動器エコーを導入しています。画像による詳細な検査でお身体の状態を把握し、最善の施術をご提案します。

また、実際にボールを投げてもらったり、走ってもらったりした様子を動画で撮影し、動きにおかしいところがないかしっかり確認します。

もし、骨折している可能性があった場合、ギプス処置をして提携している病院をご紹介させていただきます。

施術

竹﨑鍼灸整骨院では、ギプス固定やテーピング、電気施術器、はりやお灸などを使用し、早期回復を目指します。急性期のケガは、しっかりと固定して安静にし、自然治癒力を高めることが大切です。

痛みを取り除いた後は、ケガを再発しないようにフォームの修正やセルフケアなどを指導します。

お身体の状態によって施術方法は異なりますが、竹﨑鍼灸整骨院では患者様お一人お一人としっかり向き合い、ご納得いただいた上で施術を行っています。

施術について詳しくはこちらをご覧ください。